新着情報

◆2017/01/23
自宅を改造して快適な場所にするための家作り方法の情報を更新しました。
◆2015/11/09
自宅をスポーツジムにしてしまおうの情報を更新しました。
◆2015/11/09
自宅の庭にスケートボードのコースを作っての情報を更新しました。
◆2015/11/09
自宅にスポーツをできる環境を作ることのメリットの情報を更新しました。
◆2015/11/09
自宅で気軽に打ちっぱなし気分を味わってみよう!の情報を更新しました。
キーワードimage01 キーワードimage01 キーワードimage01

自宅を改造して快適な場所にするための家作り方法

no_image

趣味は人の人生をより豊かなものにしてくれるものです。仕事がどんなに忙しくても、趣味に没頭している時間を持つことによって、

自宅をスポーツジムにしてしまおう

no_image

近年ちょっとしたブームになっていることから、いたるところでスポーツジムを目にするようになりました。さまざまなスポーツを趣

自宅の庭にスケートボードのコースを作って

no_image

スケートボードは遊び…そんなイメージを持っている方も多いかもしれませんが、全身を使った運動の一つで、大きな競技大会も開か

防音のチェックは決して欠かさないように

壁に石膏ボードや吸音材などを貼り、しっかりと対策を打つことができればもうそれで防音は完了…そう考えてしまう方も少なくありません。
しかし、どんなにしっかりと対策を打つことができていても、どこか一カ所に欠陥があればそれだけでほとんど防音効果がなくなってしまうということもあります。

そのため、どんなに完璧に施工をすることができた、と感じても必ず部屋の中で音を出して外に音が漏れていないかをチェックするようにしましょう。

◆さまざまなタイプの音を出してみることが大切
このチェックの際に重要となるのがさまざまなタイプの音を出してみることです。たとえば、シンバルやスネアドラムなどの高音域はしっかりとカットすることができていても、バスドラムやエレキベースなどの低音に関してはダダ漏れだった…なんてケースもないわけではありません。

部屋の吸音のされ方によっては、特定の音域のみが外に漏れてしまうこともありますので、その部屋の中で使用する予定の楽器はすべて鳴らしてみるくらいの気持ちでチェックするようにすべきでしょう。

このように、最終的なチェックをすることによって、実際にスタジオの使用中に心配することなく快適に楽器演奏を楽しむことができるはずです。