新着情報

◆2017/01/23
自宅を改造して快適な場所にするための家作り方法の情報を更新しました。
◆2015/11/09
自宅をスポーツジムにしてしまおうの情報を更新しました。
◆2015/11/09
自宅の庭にスケートボードのコースを作っての情報を更新しました。
◆2015/11/09
自宅にスポーツをできる環境を作ることのメリットの情報を更新しました。
◆2015/11/09
自宅で気軽に打ちっぱなし気分を味わってみよう!の情報を更新しました。
キーワードimage01 キーワードimage01 キーワードimage01

自宅を改造して快適な場所にするための家作り方法

no_image

趣味は人の人生をより豊かなものにしてくれるものです。仕事がどんなに忙しくても、趣味に没頭している時間を持つことによって、

自宅をスポーツジムにしてしまおう

no_image

近年ちょっとしたブームになっていることから、いたるところでスポーツジムを目にするようになりました。さまざまなスポーツを趣

自宅の庭にスケートボードのコースを作って

no_image

スケートボードは遊び…そんなイメージを持っている方も多いかもしれませんが、全身を使った運動の一つで、大きな競技大会も開か

部屋の広さに合った音響機器選び

防音や吸音が完成したからといって、すぐにプライベートスタジオとして使用することができるようになるわけではありません。
当然、スタジオとして機能させるためにはさまざまな音響機材などが必要となってきます。

ここでは、プライベートスタジオに必要な音響機材の選び方について考えてみたいと思います。

◆部屋の広さにマッチした音響機材選び
まず、最初にしっかりと考えなければならないのが部屋のサイズにマッチした音響機材をチョイスする、という点です。
特にモニタースピーカー選びは重要なポイントとなってきます。あまりにもサイズの大きなものをチョイスしてしまうと、十分にそのポテンシャルを活かすことはできません。
スピーカーのサイズによって適切な音量がある程度決まりますので、8帖程度の部屋であれば、それほど大きなものを用意する必要はありません。

適切なサイズのものからできるだけフラットな特性を持つものをチョイスするようにすべきでしょう。
パワーアンプなどに関しても同様です。あまりにも出力の大きなものを選ぶと持て余してしまうことになりますし、限られたスペースを無駄にしてしまうことになります。

しっかりと自分の部屋の広さを考えた上で無駄のないシステム構築を目指しましょう。