新着情報

◆2017/01/23
自宅を改造して快適な場所にするための家作り方法の情報を更新しました。
◆2015/11/09
自宅をスポーツジムにしてしまおうの情報を更新しました。
◆2015/11/09
自宅の庭にスケートボードのコースを作っての情報を更新しました。
◆2015/11/09
自宅にスポーツをできる環境を作ることのメリットの情報を更新しました。
◆2015/11/09
自宅で気軽に打ちっぱなし気分を味わってみよう!の情報を更新しました。
キーワードimage01 キーワードimage01 キーワードimage01

自宅を改造して快適な場所にするための家作り方法

no_image

趣味は人の人生をより豊かなものにしてくれるものです。仕事がどんなに忙しくても、趣味に没頭している時間を持つことによって、

自宅をスポーツジムにしてしまおう

no_image

近年ちょっとしたブームになっていることから、いたるところでスポーツジムを目にするようになりました。さまざまなスポーツを趣

自宅の庭にスケートボードのコースを作って

no_image

スケートボードは遊び…そんなイメージを持っている方も多いかもしれませんが、全身を使った運動の一つで、大きな競技大会も開か

窓とドアから音は漏れてしまう…その対策は?

プライベートスタジオ作りをする上で、まず最初に考えなければならないのが防音についてです。一般的な日本の住宅はしっかりとした防音をされているわけではありませんので、楽器の演奏をすると外にかなりの音が漏れてしまいます。
それを防ぐためにはどうすれば良いのでしょう?

◆音が漏れてしまう場所はどこ?
まず、どこから特に音が漏れてしまうのかを考えてみましょう。これは一般的なリハーサルスタジオなどと一般の住宅の部屋を比較するとその答えはすぐに出てくるはずです。

一般的にスタジオに窓はありません。あったとしても2重ガラスなどを使用した特殊なものです。
つまり、窓から音が漏れてしまう可能性がとても高いと言えます。

そして、次のポイントがドアです。一般的なスタジオでは音漏れを防ぐための特殊なものが使用されているはずです。
この2点をクリアするだけでも防音性をかなり高めることが可能となります。

方法はそれほど難しくありません。単に窓やドアに毛布をかけるだけでもかなりの防音性を期待できます。窓が不要なのであれば、石膏ボードなどで塞いでしまえばより高い防音性を期待することができるでしょう。
ドアに関しては塞ぐことはできませんが、表面に石膏ボードなどを貼ることで防音性を高めることは可能です。