新着情報

◆2017/01/23
自宅を改造して快適な場所にするための家作り方法の情報を更新しました。
◆2015/11/09
自宅をスポーツジムにしてしまおうの情報を更新しました。
◆2015/11/09
自宅の庭にスケートボードのコースを作っての情報を更新しました。
◆2015/11/09
自宅にスポーツをできる環境を作ることのメリットの情報を更新しました。
◆2015/11/09
自宅で気軽に打ちっぱなし気分を味わってみよう!の情報を更新しました。
キーワードimage01 キーワードimage01 キーワードimage01

自宅を改造して快適な場所にするための家作り方法

no_image

趣味は人の人生をより豊かなものにしてくれるものです。仕事がどんなに忙しくても、趣味に没頭している時間を持つことによって、

自宅をスポーツジムにしてしまおう

no_image

近年ちょっとしたブームになっていることから、いたるところでスポーツジムを目にするようになりました。さまざまなスポーツを趣

自宅の庭にスケートボードのコースを作って

no_image

スケートボードは遊び…そんなイメージを持っている方も多いかもしれませんが、全身を使った運動の一つで、大きな競技大会も開か

本当に自分で防音室を作ることはできるの?

壁を厚くしたり窓などの音が漏れてしまいやすい場所を塞いでしまうことによってかなりの防音効果を期待することができます。
しかし、それはわかっていても本当に自分で施工をすることができるのか、という点に不安を抱いている方も少なくないでしょう。

そこで、ここでは実際に素人である筆者が防音室を作った経験を元に、ポイントをご紹介してみたいと思います。

◆防音工事施工のためのポイント
まず、最初に気になる予算についてです。筆者は8帖の部屋の壁前面に石膏ボードを2重に貼り、天井に吸音材、床に吸音マットを敷くという防音工事を自分で行いました。これで費用は約10万円程度でした。

内訳は石膏ボード代として2万円、天井用の吸音材に4万円、床の吸音マットの2万円そしてビスなどが約2万円となっています。

石膏ボードはホームセンターなどで簡単に購入することができます。吸音材と吸音マットに関しては楽器店の通信販売で購入しました。

石膏ボードはカッターナイフで簡単に加工することができますので素人でも慣れれば簡単に施工可能です。
貼り付ける際に筆者はビスを使用しましたが、タッカーなどがあればより簡単に貼り付けることができるでしょう。

天井に関してはその吸音材に付属していた専用の接着剤で簡単に貼り付けることができました。

このように、予算もそれほど高額なわけではありませんし、素人でも時間をかければ十分に施工可能です。