新着情報

◆2017/01/23
自宅を改造して快適な場所にするための家作り方法の情報を更新しました。
◆2015/11/09
自宅をスポーツジムにしてしまおうの情報を更新しました。
◆2015/11/09
自宅の庭にスケートボードのコースを作っての情報を更新しました。
◆2015/11/09
自宅にスポーツをできる環境を作ることのメリットの情報を更新しました。
◆2015/11/09
自宅で気軽に打ちっぱなし気分を味わってみよう!の情報を更新しました。
キーワードimage01 キーワードimage01 キーワードimage01

自宅を改造して快適な場所にするための家作り方法

no_image

趣味は人の人生をより豊かなものにしてくれるものです。仕事がどんなに忙しくても、趣味に没頭している時間を持つことによって、

自宅をスポーツジムにしてしまおう

no_image

近年ちょっとしたブームになっていることから、いたるところでスポーツジムを目にするようになりました。さまざまなスポーツを趣

自宅の庭にスケートボードのコースを作って

no_image

スケートボードは遊び…そんなイメージを持っている方も多いかもしれませんが、全身を使った運動の一つで、大きな競技大会も開か

レコーディングまで考えているのなら吸音も!

あなたはプライベートスタジオをどのように使用する予定でしょうか?単にいつでも大きな音を出すことのできる環境が欲しいだけであれば、防音について考えるだけで良いかもしれません。

しかし、マイクを使用して楽器や歌などのレコーディングをすることまで考えているのであればこれだけでは不十分です。
では、何が足りないのでしょう?それは吸音です。

◆音が回ってしまうのを防ぐための吸音
狭い部屋の中で大きな音を出せば、当然大きく反響してしまうことになります。特に低音などが大きく反響してしまうと、どうしても音像がぼやけてしまうことになります。
こんな環境では良い音でレコーディングをすることはできません。

そこで、過剰に反響してしまうことを防ぐために吸音対策を考える必要はあるのです。

本格的なスタジオへ行くといたるところに吸音材が張り付けられているのを目にしますよね?見た目にはあまり効果があるようには見えませんが、あるかないかで部屋の反響はまるで異なるのです。

ある程度防音が完成したら、まずは音を出してみてください。音が反響し、なんとなくぼやけて聞こえてしまうことでしょう。
これを解消したいのであれば吸音による対策を打たなければならないのです。